Blog&column
ブログ・コラム

麻雀用語が語源となっている言葉とは?

query_builder 2021/06/01
コラム
9
私たちが普段何気なく使っている言葉の中には、麻雀用語が語源になっているものがあります。
麻雀用語を覚えようと思っても、多すぎてなかなか覚えられない」という方は、普段使われている麻雀用語から覚えてみるのがおすすめです。
今回は、麻雀用語が語源となっている言葉をご紹介していきます。

▼テンパる
テンパるという言葉は、パニックになる、興奮するといった意味で普段使われていますが、これは麻雀用語が語源となった言葉です。
麻雀では、あと1枚でアガれるときのことをテンパイと言い、テンパイになったときの落ち着きがなくなる様子が「テンパる」という言葉に繋がったと言われています。

▼リーチ
リーチという言葉は英語が語源だと思っている方もいると思いますが、リーチは「立直」と漢字で表すことができます。
普段リーチという言葉は、もうすぐでアガれる状態の時に使われますが、麻雀でも同じ意味合いで使われます。

▼メンツ
メンツは漢字で「面子」と表すことができ、普段はメンバーのことをメンツと呼んでいますよね。
麻雀ではアガるのに必要な牌の組み合わせをメンツと言い、次第に麻雀をプレイするのに必要なメンバーのことをメンツと言うようになっていったとされています。

▼チョンボ
チョンボという言葉は、ミスや失敗という意味で普段使われていますが、麻雀においてもミスや反則のことをチョンボと言います。
麻雀でチョンボをした場合は、点数を支払う「罰符」が必要になります。

▼まとめ
今回は麻雀用語が語源になっている代表的な言葉をご紹介しましたが、まだまだ他にもたくさんあります。
これから麻雀用語を覚えて麻雀を楽しみたいという方は、ぜひ当カルチャーセンターをご利用ください。

NEW

  • 近日、新教室オープン予定❗️

    query_builder 2021/05/17
  • まーじゃん大会開催

    query_builder 2021/05/10
  • 物忘れの原因について

    query_builder 2022/08/03
  • 思考力のトレーニング方法について

    query_builder 2022/07/05
  • 趣味の見つけ方はどんな方法がある?

    query_builder 2022/06/03

CATEGORY

ARCHIVE