Blog&column
ブログ・コラム

麻雀のリーチについて

query_builder 2021/06/25
コラム
15
リーチは麻雀の役の中でも基本中の基本です。
初心者はとにかくリーチを狙え」と言われますが、どのようにリーチをかければいいのかわからない方もいると思います。
そこで今回は、麻雀のリーチについて解説していきます。

▼リーチとは
リーチとは、テンパイしたときにそれを宣言する役を指します。
リーチをかけて上がれば一翻役となります。
初心者のうちは「テンパイしたらすぐリーチをかけるべき」と言われることが多いですが、リーチ棒になる1000点棒がなければリーチをかけることができないので注意してください。
また、リーチをかけると手を変えることはできないため、上がり牌を意識してリーチをかけるべきか判断することが大切です。

▼リーチのかけ方
リーチをかけるには面前でテンパイしていなければならず、副露をしている場合はリーチをかけることができません。
ただし、例外として暗槓(アンカン)はリーチをかけることができます。
リーチをかける際は「リーチ」と全員に聞こえるように発声し、捨て牌を横向きに置いて1000点棒を前に置きます。

▼リーチのメリットとデメリット
リーチをかけるメリットは、他家にプレッシャーを与えることができて手の進行を抑止できることです。
また、リーチ後は何も考えなくてよいので少し気が楽です。
一方デメリットは、1000点棒を支払う必要があるということと、テンパイが他家に知られてしまうということです。

▼まとめ
麻雀のリーチは役の中でも基本的なものなので、初心者のうちからしっかり覚えておきましょう。
麻雀についてもっと学びたいという方は、ぜひ当カルチャーセンターをご利用ください。

NEW

  • 近日、新教室オープン予定❗️

    query_builder 2021/05/17
  • まーじゃん大会開催

    query_builder 2021/05/10
  • 物忘れの原因について

    query_builder 2022/08/03
  • 思考力のトレーニング方法について

    query_builder 2022/07/05
  • 趣味の見つけ方はどんな方法がある?

    query_builder 2022/06/03

CATEGORY

ARCHIVE