Blog&column
ブログ・コラム

脳トレの効果について

query_builder 2021/08/22
コラム
24
今回は脳トレの効果について見ていきましょう。

▼脳トレの効果について
脳トレには「認知機能」を高める効果があります。
認知機能には「記憶力」「言語能力」「判断力」「計算力」「遂行力」の5つの種類があります。
それぞれにあった脳トレをおこなうことで、認知症の予防効果が高まります。

■記憶力
ものごとを覚えておくのに必要な記憶力は、脳の海馬に保存されています。
海馬の機能低下=記憶力の低下を意味し、人と交わした会話や約束、物や場所の名前などがすぐに思い出せなくなってしまいます。
過去の記憶や物事を思い出し、脳に信号を送ることで記憶力を鍛える脳トレに繋がります。

■言語能力
テンポのいい会話を続けるのに欠かせない言語能力が低下すると、質問されたことにすぐに答えられない、言葉を理解できないといった失言状態になってしまいます。
人と過ごす時間が少ない人は、会話をする機会が減るので、年齢とともに言語能力が低下しやすくなります。
いろんな人とコミュニケーションをとりながら、ゲームや運動をすることで言語能力を鍛える脳トレになります。

■判断力
判断力は、状況を把握する「見当職」や集中する力の「注意力」などが合わさった認知能力のことを言います。
年齢とともに判断力が低下すると、今いる場所や日にち、時間などが曖昧になってしまいます。
毎日短時間でもいいので、パズルや読書を集中して行うことで、判断力の低下を防ぐ効果があります。

■計算力
認知機能の中でも衰えが出やすいのが計算力です。
計算力が低下すると、買い物にかかる金額やおつりの計算ができなくなってしまいます。
計算力の衰えを防ぐには、簡単な計算式や、計算クイズを解く脳トレが効果的です。

■遂行力
遂行力とは、日常的に行う、一連の行動を遂行する力のことを言います。
遂行力が低下すると、2つ以上の作業を並行しておこなうことが難しくなってしまいます。
将棋や麻雀、オセロゲームなどで、頭と同時に手も動かすことで、遂行力の衰えを防ぐ効果が期待できます。

▼まとめ
麻雀はテーブルを囲んだ人同士がコミュニケーションをとりながら、脳を働かせ、同時に指を動かすゲームなので、効率のいい脳トレと言えます。
当店の麻雀教室では、お客様の希望に合わせた丁寧なサポートをおこなっております。
シニア層の方の老化防止に役立つ、憩いの場としてもご利用いただけます。

NEW

  • 近日、新教室オープン予定❗️

    query_builder 2021/05/17
  • まーじゃん大会開催

    query_builder 2021/05/10
  • クイズで頭の体操

    query_builder 2022/05/01
  • 3人麻雀のルールは?

    query_builder 2022/04/15
  • アガリ役とは

    query_builder 2022/04/01

CATEGORY

ARCHIVE