Blog&column
ブログ・コラム

ジグソーパズルの歴史

query_builder 2021/11/01
コラム
33
日本でもおなじみのジグソーパズルですが、どれくらい前から存在しているかご存知ですか?
今回は、ジグソーパズルの歴史について紹介していきます。

▼ジグソーパズルの歴史
■1760年 ロンドンによって考案される
1760年頃イギリスのロンドンの地図製作者によって、完成すると地図になる木製パズルがつくられたと言われています。
このパズルは、教育現場で活用され、イギリスの子供たちの教材となりました。
のちに踏み板ノコギリの普及により、複雑なカットが可能になりました。
糸ノコギリは英語でjigsawといい、ジグソーパズルの名前の由来となっています。

■1800年代終わり ボール紙のジグソーパズルがつくられる
1800年代初頭までは、教材として使われていましたが、終わり頃になるとボール紙を使ったジグソーパズルが誕生します。
これまで高価だった木製パズルは、次第に安価なものになり、大量生産も可能になりました。
子供向けだったパズルですが、1900年代初め頃には、大人向けの絵柄も増え、ジグソーパズルのブームも訪れます。

■1970年代 日本で普及
1970年代、日本ではモナリザブームが訪れます。
1973年にはモナリザのジグソーパズルが人気となり、日本で大ブームとなりました。
輸入ジグソーパズルから、次第に日本市場にも浸透し、国産のジグソーパズルが登場します。
日本の技術により、高品質でデザインも豊富なジグソーパズルが普及すると、遊んで終わりではなく、インテリアとして使用する方も増えました。

▼まとめ
日本では30年ほどの歴史ですが、最初の誕生から230年も経っているんですよ。
老若男女問わず楽しめるパズル。完成した時の喜びや組む楽しさが癖になりますよね。
これからも進化していくであろうジグソーパズルを是非遊んでみてくださいね。

NEW

  • 近日、新教室オープン予定❗️

    query_builder 2021/05/17
  • まーじゃん大会開催

    query_builder 2021/05/10
  • コミュニケーションのきっかけについて

    query_builder 2022/09/01
  • 物忘れの原因について

    query_builder 2022/08/03

CATEGORY

ARCHIVE